オタクがほざく

役に立つことを色々

習慣化のコツの話

習慣化は大事である。

けんすうさんの記事でもされていて
https://note.mu/kensuu/n/nc6783b97497a

勝間和代さんの記事でも言及されていた
http://katsumakazuyo.hatenablog.com/entry/2018/01/19/003057

両者が言っているのは、ハードルを下げてコツコツやるということで、習慣化の中では最も重要である。
そして、習慣化することのメリットも述べられている。

ただ、これは習慣化の基礎であり、応用というかテクニックを加えることで更に習慣化に加速がかかる。

あくまでこれはテクニックであり、理論より行動が大事であることは頭にいれておくべきである。

ハードルを下げるという手法を試すとわかるが、始めてみるとすぐ終わるから簡単である。
ただ、始めるまでが難しい。
人は行動しているときよりも、行動するまでが意思の力を使い、疲弊する。

じゃあどうすればよいか。

生活の中にアンカーを仕掛ければよい。
テクニック1
if-thenルール
習慣にしたいことを、いつもやっている習慣にくっつけてしまえばよい。

・風呂からあがったら読書
・朝起きたらスクワット

などである。
これは時間でもよい。アラームをアンカーにするのである。

アラームがなったら運動

である。ポモドーロテクニックアラームが鳴るおかげで意思に頼らなくていい状況が生まれている。


しかし人というのは意思の弱いもので、サボりたくなってしまう。
今が良ければいいと思ってしまう。
じゃあどうするか。
将来の自分に約束してしまえばよい。
テクニック2
コミットメント
目標を約束するのである。方法は二つ。

一つ目は「よく見るところに目標を貼る」
日記でも壁でもよい。毎日見るところに貼ってあれば、今何をやるべきかを迷わないで済む。

二つ目は「人に言う」
人はどう見られるかを過剰に意識する。それを逆手にとるのだ。
背水の陣のような側面もあるが、続いたときに喜びを共有できる相手がいるのは良いことだ。

これらテクニックを使う際のポイントとして、目標には幅を持たせないといけない。

読書なら1日1P~10Pを進める

オススメなのが、
1日5Pもしくは1週間で35P
という方法だ。
自分に挽回のチャンスをやるのだ。

目標というのはさじ加減が大事で、適切に設定するのは難しい。それなら、挽回のチャンスの設定で無理やり軌道に乗せれば良いのだ。やめるのに比べれば、ちょっと休むことなんか何の問題もない。


これで続けられる?いや、まだである。
あなたの習慣化の妨げになっているのは何であるか。
そう、携帯である。
テクニック3
何でもbox
携帯を視界から外せばよい。ただ、携帯以外にもあなたの机には物があるかもしれない。
そんなときは、全部箱に入れてしまえばよい。
見えなければ気にならないし、きれいな机は何かを始めるには最適である。

これで習慣化は出来るだろう。
しかし、続けていると一度サボってしまいなし崩し的にやめてしまうことが起こる。
どうやって避けるか。

テクニック4
社会性
そういうグループに所属してしまえばよいのである。
朝何かをするために朝活グループに入る
コワーキングスペースも良い
ただ仲間がいるという以上の効果がある。
人間は何かのグループへの帰属意識があるので、それを逆手にとっている。
よって、サボった後の感情が「面倒」「挫折感」になるところを「グループに戻りたい」という感情になるのである。
このバネの効果は大きく、中期習慣を長期習慣に押し上げてくれる。


以上で、習慣化の手法をまとめた。
あくまでこれらはテクニックであり、最も重要なのは「小さいハードル」かつ「毎日やること」である。
それにこれらをすべて組み合わせれば、効果は期待できる。

報われるのは正しいことを続けた人だけである

ジムの習慣化の話

ジムを続けている

1月の中旬からなので、半月くらい続いた。

目的は

有酸素運動による脳の活性化
・疲れにくい体を得ること
・テストステロンの増加による自信の増加
・睡眠の質を上げる
である。


結果としてこれらは現状では得られた実感はない。
しかし副産物として、
・ストレスの発散
・成長の実感による満足感
が得られた。

そして意外だったのが、ジムの後のシャワーが格別に気持ちいいことである。
これは当初は想定にいれていなかったが、達成感とリラックスが重なり、想像以上に気持ちよい。
サウナの後の水風呂のような感じである。

これらの満足感によってジム通いが続いている。

これらから学べることは、目的は習慣化する事柄に対してこまめに達成感を得られることが重要であることがわかる。

実際、自信がついたなどの実感はないが、続けようという気持ちになるので、こまめな進捗の確認(今回でいうと筋肉の発達)ができるようにすることが重要である。

なぜなぜ ♯深く考える訓練

深く考える訓練

「英語の勉強が進まない」

なぜ

「やる気にならない」

なぜ

「必要に刈られていない」

なぜ

「日本語の情報で済ませてしまう」

なぜ

「手っ取り早いから」

ここまでしかうかばない。
改善として
・英語の必要な環境下への移動
・英語でしか得られない情報の有用性を知る
ことがあげられそうだ。

習慣化できる方法として考えると、ネット英会話か英語講義かな。

手法としては情報を削ぎ落としている部分はあるがシンプルで使いやすいかも

引っ越ししたときに最低限揃えるものリスト

重要度:★★★

寝具
ベッド+枕+タオルケット+掛け布団+毛布+敷きパッド

ベッド
無印の足付きマットレスが評判良い
安く済ませるならマットレス+すのこ


安くて良い どうせ慣れる
高さが高過ぎないということだけ守れば良い

タオルケット
生地はお好みで
不安症の人はそれなりに重量があるものの方が科学的に良いらしいので、タオルケットは重めのものを選ぶ

掛け布団
羽毛厳禁
羽毛じゃなければ、値段と効果が比例しているので予算次第

毛布
毛が短くてあったかいのがベスト
秋から冬にかけてしか使わないので収納しやすいものが良い

敷きパッド
個人的には麻か綿
化学繊維は寒い時期に辛い
さわり心地だけなので、安くて良い


机と椅子

ガタガタしなければ何でも良い
基本的に安いものを使う

椅子
お金があるなら良いものを買う
もし安く済ませたいのであれば個人的にはバランスボールがおすすめ
良い椅子を安く買いたいならオフィスバスター を使う


カーテン
遮光できれば何でも良い


これで一応最低限の家具は揃えた
次に重要度は低いがあったら便利なものをまとめる

面白い系ブログまとめ

はてなブログを見てると、意識の高そうな記事が定期的に流れてきて
自分も頑張らないと!
ってなって、情報収集ばかりしてしまいがちになる。

そこで、たまには休憩用の面白系ブログも見ようという自戒も込めて、まとめる。

ウケる日記
https://ameblo.jp/mizunokeiya/page-1.html
夢をかなえるゾウを書いた水野敬也のブログ。
個人的にはLOVE理論が好き。

https://ameblo.jp/mizunokeiya/entry-12000276506.html
めっちゃ単純だけど、最近見た中ではこれが一番好き。


真顔日記
http://diary.uedakeita.net
紹介の仕方が難しいが、上田啓太のブログ。aikoの話がよくはてなのランキングにのる。居候という変わった生活であるがゆえに、当たり前のように変な生活が垣間見れる。
同居人と言い合いしてる話が個人的には面白いと思う。

http://diary.uedakeita.net/entry/2018/01/01/214345
最近ではこれが一番好き。布使いという全く聞いたことない単語が心地よい。


もはや日記とかそういう次元ではない
http://manato-kumagai.hatenablog.jp
熊谷という男性が書いたブログ。寄稿も結構多く、そのサイトも真面目なものなのだが、寄稿している記事は全部面白系の内容という訳のわからない状況である。なぜその内容で許可したのかという疑問を感じてしまう。
http://manato-kumagai.hatenablog.jp/entry/2018/01/10/181718
一番最近の記事だが、面白かったのでこれを。
なんとなく共感してしまう部分もあるというのが怖いところである。

料理の基本は塩0.8~0.9%

 

料理があまりにも感覚頼りすぎる。川越シェフが一昔前に話題になっていたが、理論的な料理というのは、皆が求めていることなのかもしれない。

 

その理論の基礎として、私は以下の本を読んだ。

家庭の煮物に「ダシ」はいりません (青春新書プレイブックス)

野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

 

得た基本をまとめる。レシピに関しては述べないので、実際に読んでほしい。

 

1. 塩は重さの0. 8~0.9%

味付けの基本である。

これは味付けという意味合いより、口あたりがよくなるという意味あいが大きい。

人体の浸透圧の基づいており、実際この濃度で調理すると、食べやすい。

 

ただこれは、あくまで味付けの基本であり、これに+αで味付けをする。

味噌汁なども、塩+味噌にする。これによって多量の味噌を使う必要がなくなり、水っぽさがないにも関わらず、味がすっきりするのである。

 

2. 肉は「低温」より「低速」

強火で調理は基本は行わない。基本は弱火で行う。とろ火くらいが丁度いい。

ここで重要なのが、「低速」で温度を上げることである。

 

「55℃」

この温度をゆっくり通過することに意味がある。この温度をゆっくり通過することで、アクやうまみと呼ばれるものが肉の中に留まるのである。

強火で焼くと、肉が固くなる。これは、うまみが流れ出すことが原因である。

 

唯一の例外が薄い肉である。

薄い肉は長時間焼くと、焦げるためである。

 

特に重要なポイントは以上である。

他に

・パスタ編

ゆでるお湯に入れる塩は1.5%

オリーブオイルは過剰に使う

湯切りはしない

 

・とんかつ

衣はとにかく薄く

油は低温から温める

 

など、経験的には違和感があるが、理論的には正しい(と思われる)内容が多い。

理経験が乏しい場合は、これが一番わかりやすい。

 

レシピ本というよりは、料理の基本をまとめた本といったほうが良い。

焼く・煮る・揚げるはこれで完璧である。

 

 

家庭の煮物に「ダシ」はいりません (青春新書プレイブックス)

家庭の煮物に「ダシ」はいりません (青春新書プレイブックス)

 

 

野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

野菜いためは弱火でつくりなさい いつもの家庭料理が急に美味しくなる33のレシピ

 

 

2017の本リストにも入れた。 

hozaku.hatenablog.com

 

ビットコインの波から投機と投資について振り返る

 

f:id:hozaku:20180113234949p:plainf:id:hozaku:20180113235212p:plainf:id:hozaku:20180113235233p:plain

2018.1.13.みんなの仮想通貨より

 

ビットコインが話題です。

厳密には仮想通貨という枠組みになるのですが、世間的にはビットコインのほうが覚えやすいみたい。

こういった投機にはありがちの、年末年始における需要増加によって儲けたという話も聞くようになった。早めに手を出した人は現在で多くの儲けがあることだろう。

 

ただ、ここで気をつけたいのは、あくまで仮想通貨はFXと似た扱いであり、「投機」であることを覚えておく必要がある。

 

特徴として

投機:リスク大 ゼロサムゲームは基本これにあたる

投資:リスク小 プラスサムゲーム 何かをすることに対する軍資金の提供が多い

 

である。

投機はゲームで投資は軍資金提供と考えると、わかりやすい。

 

投機について

まず、わかりやすいギャンブルについて。

競馬も競艇も競輪もカジノも基本は同じで、親が場を提供し、客が楽しむ形である。

競馬・競艇・競輪はリターンが約75%で、残りを親が持っていく。

カジノが一番リターンが高く、ルーレットやブラックジャックが特に高いといわれる。(90%以上?)

 

これらをゲーム代金として考えると納得はいくが、稼ぐのは難しいことがわかる。

 

次にFX

これも実は上記と同じである。取引所(親)が手数料(場代)を回収し、FX(ゲーム)を楽しむ。ただ、FXが上記と大きく異なる点として、人類全員参加であることだ。だれでも通貨を持っている人は、貨幣価値の変動の影響を受けるので、強制参加している形になる。

このように限りなく参加人数が増えることで、マイナスサムからゼロサムゲームに近くなる。ただ、手数料分のマイナスが発生していることは注意すべき点だ。

 

ビットコインも例外ではない。

新しい通貨は安定した値段になるまで価値が上がる。これが現在の仮想通貨バブルである。

これが値段が安定してしまった場合、FXと扱いは基本的に同じになる。これをちゃんと理解しておくべきである。

手数料が安いという利点があるが、あくまでFXと同じことをやっていることになる。

発展途上国への投資みたいものと考えるとよいと思う。

FXよりも手数料が低いという利点があれば、リスクもあるという天秤を考えたうえで見るべきである。

 

 

 

投資

これは、簡単である。何かをやるときの軍資金を貸して、返してもらうときに利子をつけてもらうというのが、基本である。要は金貸しだ。

 

企業の株が最もわかりやすい例で、貸したお金で企業がお金を稼いできてくれるのである。

世界一の資産家であるウォーレン・バフェットも投資でこの立ち位置になっている。

複利でどんどん資産を大きくしていったのである。

 

ただ投資は、基本的にリスクが低いものを示すので、利益もあまり多くはならない。ウォーレン・バフェットも市場の倍ほどの利益率であったみたいで、市場全体の成長による影響が大きく、個人の裁量というのは、影響しにくい。

 

投資で重要なこととして、長期投資を意識することにある。

利益の少ない投資において、手数料というのは、相対的に高いからである。

 

ウォーレン・バフェットも、良い銘柄を長い間保有するスタイルなので、ゲームというよりは、企業にお金を任せるという意味合いが大きい。

 

 

 

以上から、投資と投機のそれぞれの特徴を述べた。

投機はあくまでお金を稼ぐという方法としては最善ではないということを知っておく必要がある。ただ、投機にも利点があって、

・すぐ大金が手に入るチャンスがある

ということである。

ゲーム感覚で楽しむことができるのであれば、年20万までならやってもいいとは思う。

ただ、投資に比べて不利なゲームに参加しているという自覚を持つことが、熱くならないためにも大事であると思う。

 

今後も、投機にはまることがあれば本記事を心に留めておこうと思う。

 

書くきっかけは以下の記事

www.financepensionrealestate.work